緑内障に効果を発揮するサプリメント(一望百景)と漢方薬

緑内障眼圧を下げるサプリメントなんてあるの?

緑内障は、眼圧が高くなるのが原因の一つだと言われています。

 

故に、眼科へ通院すると眼圧を下げる為に目薬が処方されます。

 

そんな緑内障、サプリメントを飲むだけで眼圧を下げられたら

 

予防にもなって、良いと思いますよね。

 

でも、眼圧を下げるサプリメントなんてあるのでしょうか?

 

実は、栄養素の中には、

 

眼圧を下げる効果があると言われているものがあります。

 

一つ目は、ビタミンB6です。

 

にんにくやレバー、まぐろやカツオなどの魚類に多く含まれています。

 

 

二つ目は、ビタミンEです。

 

油や、いくら・すじこなどの魚卵に多く含まれています。

 

 

次に、ビタミンCです。

 

赤ピーマンや芽キャベツなどの野菜、

 

レモン・いちごなどの果物に多く含まれています。

 

これらビタミン系のサプリメントは、薬局やドラックストアなど販売されています。

 

 

 

 

最後に、ルテインです。

 

ルテインは簡単に言うと色の一種で、抗酸化作用があります。

 

その抗酸化作用が、緑内障に効果があると言われているのです。

 

ルテインは、ほうれん草などの緑黄色野菜に多く含まれています。

 

ルテインのサプリメントも、市販されています。

 

広告

 

次に緑内障に効果がある漢方薬についてです。

 

緑内障の進行を遅くして症状を改善するには、

 

体内の水の流れや血行をよくして体を温めるのが有効とされています。

 

実は、漢方薬にはそういった効果のものもあります。

 

漢方薬は、中国から入ってきて、日本独自に発展を遂げたお薬です。

 

副作用が少ないとされ、その効能から

 

近年では漢方薬を処方されるお医者様も増えました。

 

緑内障に効くと言われている漢方薬は次のとおりです。

 

 

・苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)

 

首から上の水分の滞りに効果があると言われています。

 

めまいやふらつき、頭痛に悩んでいる人におすすめです。

 

 

 

・五苓散(ごれいさん)

 

体内の水分循環を改善して、無駄な水分を取り除きます。

 

トイレの遠い人や、全身のむくみがひどい人におすすめです。

 

 

 

・柴苓湯(さいれいとう)

 

体内の水分循環を改善して、無駄な水分を取り除きます。

 

胃腸炎による下痢や嘔吐、むくみに悩んでいる人におすすめです。

 

 

日頃から飲んでいると、緑内障予防にもつながると言われています。

 

漢方薬でも体質に合わないのもありますので注意して頂きたいと思います。