様々な緑内障の種類とその症状

緑内障の症状は緑内障の種類によって異なります。

 

緑内障には

 

「開放隅角緑内障」

 

「閉塞隅角緑内障」

 

「正常眼圧緑内障」

 

「続発緑内障」

 

などがあります。

 

それぞれの緑内障の症状についてわかりやすくご説明します。

 

一口に緑内障といってもいろいろとタイプがあります。

 

 

【開放隅角緑内障】

 

・40歳以上で発病するケースが多い

 

・自覚症状はない

 

・病気が進行すると視野の一部に見えない部分が出始める

 

 

 

「開放隅角緑内障の症状」

 

目が疲れやすくなったり、目が重たいと感じるようになります。

 

その他にも肩こりなどの症状がありますが、日常生活に支障をきたす

 

レベルのものではないので気付かない人がほとんどです。

 

開放隅角緑内障は悪化していくにつれて視野がどんどん欠けていきます。

 

 

 

【閉塞隅角緑内障】

 

・40歳以上の女性に多い

 

・緑内障発作(頭痛や眼痛、視力低下、吐き気など)が起きることがある

 

 

 

「閉塞隅角緑内障の症状」

 

眼圧が高まり、目の痛むや充血、目がかすんで見えるなどの症状が

 

あらわれるようになります。

 

他にも、頭痛や吐き気などの症状もみられるので、眼科ではなく内科を

 

受診する人もいます。

 

閉塞隅角緑内障は悪化すると最悪の場合失明してしまう恐れもあります。

 

 

 

 

【正常眼圧緑内障】

 

眼圧は、10〜21mmHgが正常値とされています。

 

これ以上になると「高眼圧」といわれ、視神経がつぶされてしまいます。

 

しかし、正常値であってもその眼圧に耐えられない程の視神経が

 

弱まって発症するのが「正常眼圧緑内障」です。

 

 

「正常眼圧緑内障の症状」

 

正常眼圧緑内障は、日本人に多く、初期のころは視野のほんの一部が欠けるだけで、

 

痛みなどの自覚症状はありません。

 

 

 

 

 

【続発緑内障】

 

・何か別の病気の影響で起こる緑内障

 

 

「続発緑内障の症状」

 

緑内障ではない別の病気が原因で発症する病気です。

 

・昼間でも視界が暗い

 

・目がかすんで見える

 

・目が疲れやすくなる

 

・頭痛がする

 

・肩こりがする

 

・両目で見え方が異なる

 

・本などを読んでいると文字を抜かしてしまう

 

治療をする際には視力や視野検査の他に目の炎症や、

 

続発緑内障を引き起こす原因となった病気、

 

合併症についても詳しく検査をする必要があります。

 

 

 

 

以上の様に、緑内障には種類がありますが、どの種類の緑内障も

 

発症してもまったく気付かないことが多いのです。

 

 

どの緑内障もやっかいなことに瞳の色の変化や痛み、充血といった症状が

 

まったくないまま進行することが多いのです。

 

視野の一部が見えなくなるという唯一の自覚できそうな症状も

 

片方の眼がもう片方の視野をカバーしてしまう為、

 

ほったらかしにしてしまう人が多いのです。

 

気付いた時には、病状が進み欠損が大きくなり目が見えにくくなり

 

最悪の場合失明してしまう恐れのある病気なのです。

 

でも、ちゃんと治療を受ければ心配する事はありません。

 

そのためには、早期発見が重要な鍵を握っています。

 

40歳を過ぎたら定期的に検査を受けることをオススメします。